スポンサーリンク

なんの成果も得られませんでした!ってなかなか言えないと言う話

記事内に広告が含まれています。

進撃の巨人の有名なフレーズは?

「なんの成果も得られませんでした」というフレーズは、漫画『進撃の巨人』の初期のシーンに登場し、キース・シャーディス団長が壁外調査から帰還した際に、多大な犠牲を払いながらも何も成果を得られなかったことを悔やむシーンで使用されます。この台詞は、調査兵団が壁外での任務に失敗し、多くの命を失いながらも巨人の正体や弱点を探ることができなかったという無力さと悲しみを象徴しています。

 

大藪 豪@DOA6初心者ボイロ動画投稿者 (@Ooyabu_Gou) on X
動画の編集作業をしていても、完成に向かって少しでも進まなければ。 いたずらに時間を浪費して作業したつもりで終わっているだけで…。 ま さ に 『なんの成果も得られませんでしたぁああ!!』 進撃の巨人のキース・シャーディス団長の悲痛な報告どお...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

物語の初期から先行きを暗示する名セリフを吐いたキース・シャーディス団長とは?

キース・シャーディスは『進撃の巨人』に登場するキャラクターで、第104期訓練兵団の指導教官として描かれます。彼はスキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられています。元々は第12代団長として調査兵団を率いており、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせてしまった過去を持ちます​。

キースの物語は複雑で、グリシャ・イェーガーとの深い関係が物語の中で徐々に明らかにされます。壁外でグリシャと遭遇したことから始まり、彼に壁内の生活を教え、医者としての道を紹介しました。しかし、キースはカルラに対する未練からグリシャとの距離を置くようになり、結果として調査兵団団長としての役割に失敗し、多くの兵士を死なせてしまいます。自分の無力さを認め、団長職をエルヴィンに譲り、訓練兵団の教官となりました​​。

キースはエレンやミカサを含む104期訓練兵団の鬼教官として登場し、彼らの訓練を厳しく指導します。彼の厳しい訓練は、訓練兵たちに進撃の巨人の世界の厳しさを教える重要な役割を果たしました​​。

エレンたちが巨人化できる能力を持つことをキースが事前に知っていたかどうかは明らかにされていませんが、彼が教官として登場した際には、特定の訓練兵を恫喝する通過儀礼をパスさせることで、彼の見る目の鋭さを示唆しています​​。

キースの物語は『進撃の巨人』の中で重要な背景を提供し、主要なキャラクターたちとの関わりを通じて物語の深みを増しています。

何の意味もなく冒頭に登場した訳ではなく、この物語の重要な人物として登場し続けた訳ですね。

「何の成果も得られませんでした!!」名言シーン【進撃の巨人 1話】
#進撃の巨人 #attackontitan #名言

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました